坐骨神経痛の原因を知ってますか?

坐骨神経痛とは?

坐骨神経に炎症が生じる事で、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、脚にかけて、しびれや痛みを感じます。そもそも坐骨神経に炎症が生じる病気が沢山あるので、坐骨神経痛は症状名の一つです。

坐骨神経のイメージ図 坐骨神経のイメージ図

坐骨神経痛とは腰から足にかけて伸びる人体の中で一番太い神経が圧迫や刺激を受けることにより現われる症状の事を指します。
腰から下の臀部(お尻)や太ももに症状が現れる事が多く、ふくらはぎ、足先などに鋭く電気が走ったような痛みや痺れ、ふくらはぎの張り、冷感・灼熱感、足のだるさなどがあります。
悪化すると慢性的に痛みや痺れが現われ、重度な症状になると排尿・排便障害になることがあり、特に中高年の方に多く見られる腰痛の症状です。

坐骨神経痛の原因とは?

皆さんもご存知の、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症だけでなく、椎間関節炎、梨状筋症候群、仙腸関節障害…多くの病気が坐骨神経に炎症を引き起こすので、原因を精査するには、医療機関でMRI等の検査が必須です。残念ながら整骨院やマッサージでは坐骨神経痛の本当の原因は分かりようが無いのです。

坐骨神経痛の症状が出たらすぐに始めることは?

坐骨神経痛は腰から下の臀部や太もも・ふくらはぎにかけて症状が出る事が多いため上記の症状が現れたらまずは医師の診断を受ける事が大切です。
MRI・レントゲン検査を行い、日常生活の症状をしっかりと医師に伝え、適切な治療方法を受ける事で症状が悪化しないように予防ができたり、今まで悩んでいた痛みの心配が少しでも解消できたりすることが重要です。自己判断せず近隣のクリニックや病院に相談してみましょう。
当院ではMRI・レントゲンの検査が可能です。

坐骨神経痛の治療は?

坐骨神経痛の保存療法

保存療法の一つに薬物療法があり、消炎鎮痛薬、筋肉の緊張を緩和させ、痛みの緩和や坐骨神経への圧迫を改善させる筋弛緩薬などの内服薬や湿布や塗り薬の外用薬を処方し、 または血流を改善させて身体機能を回復させるためにホットパックを使用することもあります。 他の保存療法として装具療法があります。
腰椎の動きを支えて、坐骨神経痛が出やすい姿勢を回避する目的として、腰椎ベルトやコルセットを使用します。坐骨神経痛の症状がおさまってからは体操やストレッチをおこない、筋肉や靭帯の硬化の改善をしていきます。また坐骨神経痛の予防にもなりますので、坐骨神経痛の症状が完全になくなってもストレッチや体操は継続していくことが必要です。
しびれや痛みは、坐骨神経の炎症が原因です。炎症自体は3~7日程度で収まる事が殆どですので、その間痛みが強ければ、痛み止めを服用していれば問題はありません。
まれに炎症の程度が強ければ1か月程度しびれや痛みが続く事もありますが問題はありません。
自然に症状が改善する場合のほとんどは軽い腰椎椎間板ヘルニアや椎間関節炎等が原因であり、手や足の捻挫と同等の扱いです。
つまり初期治療の原則は経過観察です。
しかし1か月以上症状が続く、痛みが強すぎる、繰り返し症状が出現する場合には、外科的治療等が必要になる可能性もあるので、医療機関で原因検索を行う必要があります。

坐骨神経痛の手術療法

坐骨神経を圧迫している原因によって手術方法は大きく異なります。
椎間板ヘルニアが原因での坐骨神経の圧迫に対して、突出または膨隆した椎間板に対して切除又は椎間板内の髄核を摘出します。
背中から切開し、神経・椎間板に到達するまでの筋肉を脊椎から剥がし、靭帯を切除します。神経を圧迫している椎間板ヘルニアを摘出するのが椎間板摘出術です。
椎間板摘出術には、LOVE法、MD法、MED法、PELD法があり、従来のLOVE法と呼ばれる手術では、背中の切開の範囲が5~6㎝であったのに対して、MD法と呼ばれる顕微鏡下で確認しながら手術を行う場合は3~4㎝、MED法と呼ばれる内視鏡下での手術は1~2㎝と切開の範囲が非常に小さく、身体への負担が少ないことから、入院期間も今までは1~2ヶ月必要な病状でも、MED法では、2週間以内といった短期間で退院することができます。また、PELD法では、6㎜の操作管を挿入してから、3㎜の小鉗子を用いて椎間板を摘出する方法で、MED法よりも更に切開の範囲が小さいことから身体の負担が少なく、治療当日に退院することも可能です。
しかし、これらの治療法は椎間板の切除などにより術後に感染症や合併症になるリスクがあります。また、再発した場合に再手術を受ける事が難しいケースもあります。
当院では坐骨神経痛の原因精査を行う事も可能ですし、坐骨神経痛の原因として多い腰椎椎間板ヘルニア、椎間関節炎、脊柱管狭窄等に対しても日帰り治療が可能です。

坐骨神経痛にリハビリは有効なの?

坐骨神経痛は痛みやしびれの症状があり、特に痛みが強くあらわれる時は動きたくもなくなることでしょう。
ただし、症状が強いからと言う理由から長期間身体を動かさないでいると、筋力の低下や関節が固くなり、さらに症状が悪化することもありますので、医師の診断のもと神経を圧迫する要因として考えられる腰痛疾患の治療に加えて筋力を上げる、または関節の可動域を拡げることが重要と判断した場合に対してはリハビリが必要と考えています。

そこで、椎間板の修復に加えて、ILC国際腰痛クリニックの院長が監修している腰痛リハビリプログラムをご一緒に案内しています。
腰痛リハビリプログラムは当院の院長とリハビリ医によって患者様の症状と目標に合わせた個別の腰痛プログラムを作成し、プログラムに沿って、ILM腰痛メディカルフィットネスの理学療法士などのトレーナーが患者様の身体を評価しながら症状の改善を目指していきます。

坐骨神経痛検査・診察方法

診察の前にまずは現在の体の腰の痛みの状態などを問診票に記入いただきます。
当院では問診表記入後にMRIとレントゲン撮影を行っております。
その情報をもとに医師が患者さんの腰の動きや,自覚症状をヒアリングしながら診察を行います。
診察ではご自身に合った適切な治療方法をお伝えすることで患者様にとって最適な診断になるよう努めております。

坐骨神経痛の予防方法とは?

日常生活の中で支障が出ない程度に運動を行う事は非常に重要です。
腰痛の改善を行うためストレッチを取り入れたり、普段からの姿勢を見直すことも大切です。
当院では治療後に運動指導を行っています。症状や患者様の状態に合わせて適切な運動方法をお伝えし、日々の運動として取り入れていただくことを目的にしています。
また、リハビリに何度か足を運んでいただきその方だけの腰痛プログラムを作成し、トレーニングを行う事ができます。
当院と提携している腰痛専門リハビリ施設はこちらです。
https://ilm-fitness.com/

腰痛治療専門家による対談

腰痛専門家による対談動画の記事を読む
対談参加者
野中康行院長・笹山瑠美先生・村山潤先生

坐骨神経痛とは?

坐骨神経=脊椎から枝分かれした神経、1ⅿ以上の長さがあり、腰から出た後は、お尻を通ってから骨盤部、太ももの裏側、ふくらはぎの裏側、足裏まで流れる神経のことをさし、坐骨神経領域で症状が現れることを坐骨神経痛という。

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛の原因として、脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・椎間孔狭窄症・梨状筋症候群・仙腸関節障害・股関節障害・代謝障害(糖尿病、血行障害)と多く存在している。

坐骨神経痛の症状

お尻から足にかけての痛み、腰への痛み、しびれ、歩くだけで足が重くなり、歩けない等の症状があり、しびれが出ている場合は感覚障害から「歩き方がおかしい」「転倒しやすい」といった症状も存在する。
神経領域に障害が出ている箇所だけに症状が出るわけではなく、障害が出ている箇所から下の部位に対して症状が現れる。

坐骨神経痛の治療法

脊椎の病気が原因として考えられる場合はMRIまたはレントゲンにて診断を行い、その病気が坐骨神経領域と一致している場合は、脊椎の病気に対してアプローチしていきます。

神経領域への圧迫の解除または炎症の改善

ILCでの坐骨神経痛の治療は圧迫または炎症を起こしている根元の箇所は椎間板の変性から始まっていることが多いことから、椎間板の修復または圧力を抜くことで神経痛を解除していきます。

世界的に椎間板の治療が注目されており、幹細胞やIPS・ES細胞での再生医療やドイツでは人口椎間板を使用することで腰痛の改善を行っており、日本でもビタミン剤を有効活用することにより、椎間板の修復を早めるための治療を行っている。

脊椎から枝分かれした坐骨神経領域に対しては骨盤や筋肉に対しての腰痛改善プログラムを作成

具体的には医師の診断の元、脊椎領域に問題がなければ、筋肉または関節が原因での症状は理学療法評価という形で適切な評価を行ったうえで、筋肉をほぐすことから始め、筋肉をほぐした後はしっかりと可動するようにトレーニングを行っていきます。ILCでは腰痛改善プログラムに沿って、負担がかからない身体作りのためのトレーニングを行っています。

まとめ

坐骨神経痛を改善するには的確な診断を受けたうえで正しい治療を行わなければ坐骨神経痛は改善されません。
そのためには、早めの受診をILCでは案内しています。

坐骨神経痛治療に関するQ&A

  • question

    腰痛と坐骨神経痛は何が違うのですか?

    answer

    腰痛も坐骨神経痛も症状の総称で、病名ではありません。
    また腰痛と坐骨神経痛の区別は非常に難しく、一般的には腰や下肢(足)への神経症状がでたら坐骨神経痛と考えられています。

  • question

    手術以外の方法で坐骨神経痛を治すことはできますか?

    answer

    坐骨神経痛を緩和させることはできますが、完全に根本的な改善としたとは言えません。

  • question

    坐骨神経痛を治すにはどんなことをしたらいいですか?

    answer

    神経の圧迫をできるだけ避ける方法が有効です。
    長時間の座り姿勢の場合には、1時間に1回は立ち上がり圧迫されないように気を付けたり、筋肉の緊張をほぐす施術方法が必要です。

  • question

    坐骨神経痛を緩和させる為の改善方法はありますか?

    answer

    慢性的な腰痛や坐骨神経痛の場合、体力の低下、筋力の低下が考えられます。
    インナーマッスルのトレーニングが必要と考えられます。

  • question

    坐骨神経痛の治療にILC国際腰痛クリニックの治療は可能ですか?

    answer

    はい、可能です。
    腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といった病名の症状である坐骨神経痛は治療を行う事によって炎症が消え、改善することがあります。
    まずは治療が適応できるかどうか診断が必要です。

野中康行
野中 康行
医療法人康俊会理事長
ILC国際腰痛クリニック院長
日本内科学会、日本循環器学会、日本麻酔科学会、不整脈学会所属
得意分野:椎間板変性症、椎間板ヘルニア、腰痛症 、脊椎分離症・すべり症、脊柱管狭窄症、脊椎圧迫骨折、坐骨神経痛、麻酔・疼痛管理

ILC×ILMでコラボレーションする坐骨神経痛治療

DSTでは椎間板自体の修復・再生を行うことができ、またその他日帰り椎間板治療も当院では行っていますが、腰痛の原因が椎間板だけでなく、筋肉・関節・靭帯などが影響している可能性があります。当院ではILM腰痛メディカルフィットネスと連携して、筋肉・関節・靭帯などが影響している腰痛も一緒に治療をすることを推奨しています。
尚、ILM腰痛メディカルフィットネスでは、遠方の方や海外の患者様には短期集中プログラム提供しております。

ILC国際腰痛クリニックで治療

日帰り椎間板治療

神経原因となる腰痛疾患・症状改善

日帰り椎間板治療 日帰り椎間板治療
当院の坐骨神経痛ブログはこちら

ILM腰痛メディカルフィットネスで治療

腰痛特化型リハビリ

関節・筋肉・靭帯原因となる腰痛疾患・症状改善

腰痛特化型リハビリ 腰痛特化型リハビリ
ILM腰痛メディカルフィットネスでの腰痛特化型リハビリの詳細はこちら

治療一覧

  • DST法
    (ディスクシール)

    DST法 ディスクシール DST法 ディスクシール

    2010年代よりアメリカで開始された椎間板治療。手術後の患者を含めて、極めて幅広い疾患に適応可能。唯一「椎間板修復・再生」が可能な治療です。『オぺレーション・ジャパン(株)調べ』

    自由診療
    詳しくはこちら
  • PIDD法
    (インプラント)

    PIDD法 インプラント PIDD法 インプラント

    2000年代より行われている椎間板インプラント治療。PLDDのように治療後の椎間板の損傷がなく効果も見込める。適応する疾患は椎間板ヘルニアのみです。

    自由診療
    詳しくはこちら
  • ハイブリッドレーザー治療

    ハイブリッドレーザー治療 ハイブリッドレーザー治療

    PLDDとPODDのメリットを合わせた治療。適応する疾患は椎間板ヘルニアのみです。

    自由診療
    詳しくはこちら
  • PODD法
    (オゾン)

    PODD法 オゾン PODD法 オゾン

    1990年代より主にヨーロッパで行われている椎間板オゾン治療。幅広い疾患に適応可能です。

    自由診療
    詳しくはこちら
  • PLDD法
    (レーザー)

    PLDD法 レーザー PLDD法 レーザー

    1980年代から日本でメジャーな日帰り椎間板レーザー治療。適応する疾患は椎間板ヘルニアのみです。

    自由診療
    詳しくはこちら
  • 腰痛特化型リハビリ

    腰痛特化型リハビリ 腰痛特化型リハビリ

    関節・筋肉・靭帯が原因となる腰痛疾患や症状を改善。最新腰痛治療機器を使用し、専属トレーナーがマンツーマン形式で直接指導いたします。

    詳しくはこちら