ケヴィン・パウザ先生が当院に来院しました

7月30日にアメリカ テキサス州にあるジョイント&スパインクリニックのケヴィン・パウザ先生が、日本で初めてディスクシール椎間板再生治療(DST治療)を行う当院、ILC国際腰痛クリニックを訪れました。今年の6月11日に開業したILC国際腰痛クリニックは腰痛治療を行うにあたり高い医療を患者様に提供し続ける為、この度パウザ先生にクリニック全体的の視察をお願いしました。

今回、院内の体制として患者様来院前後のコミュニケーション、遠隔画像診断、院内診断、治療、アフターフォローについて現場を厳しく視察し、アドバイスを頂きました。
また、一週間という短い滞在期間の中、時間を割いてDST治療に関しての教育、アメリカの最新腰痛治療の研究結果や今後の発展について情報交換をして頂きました。

ILC国際腰痛クリニックについて大変好評いただき、当院長である野中をはじめ、我々スタッフにとって大きな励みとなりました。今後のILM(腰痛専用ジム)プロジェクトについても意見をいただき、更なる発展に向けて身を引き締めて取り組んでいきたいと思います。