変形性腰椎症の日帰り治療とは?

変形性腰椎症とは?

変形性腰椎症とは腰椎(背骨)の加齢変化で骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の棘ができたり、背骨が変形したりして生じる腰痛の事です。変形が進行すると脊柱管狭窄症などに移行します

椎間板椎間板

変形性腰椎症の原因

主に加齢や労働環境、運動などによる影響が大きいとされています。
これらの要因により、下記が生じます。
・椎間板変性
・腰椎の不安定性
・腰椎同士の接触による骨の変形、骨の棘の形成
これらの変形・変性の進行により、骨や椎間板、神経などに損傷を加えて、炎症を引き起こすことで、痛みが発生します。この変形・変性に伴い、周りの関節や靭帯にも変性が波及していきます。変形が進行すると、脊柱管や神経の通り道が狭くなったりする、脊柱管狭窄症や、すべり症・側弯症などになります。

骨が不安定な状態、靭帯が肥厚している状態骨が不安定な状態、靭帯が肥厚している状態

変形性腰椎症の症状

腰やお尻の鈍痛・だるさ・重たさが、朝起床時・立ち上がりなどの動作の開始時・疲れた時などに起こることが多く、太ももやふくらはぎまで痛みなどの症状が出たりします。また、長時間座ったままの状態が続いたりすると痛みを感じることもあります。変形が進行している場合には、脊柱管狭窄症による間欠性跛行や痺れ・感覚障害・運動障害などの神経症状が生じる可能性があります。

変形性腰椎症の治療法について

保存療法

薬物治療と運動療法の二つがあります。
血流が滞ることによる症状の場合は、血流改善で緩和するケースもあるため血液の流れをよくする薬が処方される事もあります。
運動療法の場合は、変形によりストレスが加わっている部分を悪化しないようにする運動と、生活習慣によって生じた、バランスの崩れた筋肉や関節の状態をストレスのかからない状態に修正することを行います。
これらの方法でも改善が見られない場合は外科的手術も検討されます。

外科的手術

外科的手術の場合、神経への圧迫を減らす手術方法が取られることが多く、脊柱管狭窄症の場合、脊椎固定術といって筋肉や靭帯を切除し、不安定な骨を固定させる方法や、内視鏡を用いて一部の腰椎を削り、肥大化した靭帯を削ることで圧迫を塞ぐ方法です。しかし、手術後に炎症が治まらず改善しない、痛みが再発することもあります。この場合、椎間板や腰椎だけでなく、体質・筋肉・靭帯といった別の要因も痛みの原因として関わっていることがあるので根本的な治療とはいえません。
当院ではDST法という治療が椎間板の修復・再生を促し、椎間板の変性を止めることで椎間板からくる炎症を緩和させ、また当院と提携している腰痛専門リハビリ施設ILM腰痛メディカルフィットネスが行う運動やトレーニングによって筋肉や靭帯からの炎症を抑える両方の治療を推奨しています。

当院の変形性腰椎症に対する効果のある治療法とは?

変形性腰椎症の場合、神経への圧迫や症状の悪化は椎間板の変形に原因があるとされています。そのため当院では椎間板の変形を抑制することができれば骨の変形や靭帯の肥大化など、神経圧迫に関わる炎症が予防できると考えています。
その治療法としてDST法を使った椎間板の修復・再生治療は破れてしまった線維輪を修復し、中の髄核の水分量を満たすことで椎間板機能を回復させる治療を行います。
日帰りでの治療が可能で、腰に局所麻酔をし、針を椎間板に刺し薬液を注入します。
治療時間は25分程度で1時間程安静にしたあと帰宅することができます。

手術の流れ

  • 受診

    MRI・レントゲンの撮影を行い、その後医師の診断を行います。
    診断にてDST法が適応する場合はその日の午後から治療を行う事が可能です。

  • 治療前

    施術室に入り腰に局所麻酔を行い、検査で確認した腰椎の椎間板に針を挿入。
    造影検査で椎間板の損傷箇所を確認します。

  • 治療

    透視装置で椎間板の位置を確認しながら損傷箇所に薬剤を投与。薬剤が浸透したところで針を抜き止血します。

  • 帰宅

    治療後1時間ほど個室で安静にし、治療後の診察を受けてご帰宅となります。
    ※帰宅時間は患者様の症状や状態によって異なります。

変形性腰椎症の手術後の予防について

手術後は1か月ほどスポーツや重労働は控えますが、軽いストレッチやウォーキングは術後1週間から可能です。痛みなどがあるからといって動かないでいると痛みの悪化や、筋力が低下するため適度な運動を推奨しています。
当院が提携している腰痛専門リハビリ施設ILM腰痛メディカルフィットネスでは、筋肉・靭帯・腱など椎間板以外からくる痛みの炎症に対して施術を行っており、姿勢・筋力の指導・改善は勿論、体質改善として食事療法やデトックスを取り入れた治療を行っています。
慢性的な痛みや椎間板以外にも炎症の可能性が高い場合など、ILM腰痛メディカルフィットネスの治療を取り入れることで改善することもあります。
また今後、椎間板の変性が起きにくい体を作るための予防として運動療法や食事療法は重要になります。

変形性腰椎症に関するQ&A

  • question

    変形性腰椎症になったらまず何に気を付ければよいのでしょうか?

    answer

    変形性腰椎症と診断されたら、まずはそれ以上椎間板の変性や骨の変性が進まないように予防することが大切です。特に腰に負担をかける動作や作業が多いのであれば頻度を減らす、また医師のアドバイスをよく聞いて次に何をすれば良いのか判断を仰ぎましょう。

  • question

    変形性腰椎症と椎間板ヘルニアの違いはなんですか?

    answer

    椎間板ヘルニアは椎間板の中の髄核が外に飛び出て神経を圧迫し痛みが生じる場合を指します。変形性腰椎症は椎間板の変性・靭帯の肥大・骨棘の出現などが原因で痛みが生じる場合を指します。変形性腰椎症から椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などに変化していくことがあります。

  • question

    変形性腰椎症が手術なしで完治することはあるのでしょうか?

    answer

    残念ながら、骨に変形が起きている場合は完治することはありません。
    根本的な治療法を行ない症状の緩和や体質の改善を図ることで炎症を抑え、痛みの悪化・症状の進行を防ぐことは可能です。

  • question

    変形性腰椎症が治る薬はありますか?

    answer

    薬は根本治療にはならないため完治することはありません。
    ですが痛みを緩和するため、または血流を改善するための薬などが処方されることがあります。強い痛みに対しては痛み止めとして服用を進める場合もあります。また長い間、薬を服用されてきた患者様が突然薬を中止してしまうと別の痛みが生じ、副作用が起こる場合もあるので服用を継続したまま運動療法や治療を行うことで改善することもあります。

  • question

    変形性腰椎症になったら仕事は続けられますか?

    answer

    症状の重さにもよりますが続けることは可能です。
    ただし、デスクワークが多い・重労働をしているといった仕事である場合、腰への負担が大きいのでなるべくそういった作業は控える必要があります。
    また、仕事環境を変えることが難しい場合は体質の改善・姿勢・筋力の改善を検討してみてください。それらの方法で改善されれば継続することを推奨します。
    改善がない場合は医療機関へ相談・診断を受けることをお勧めします。

治療一覧

  • DST法
    (ディスクシール)

    DST法 ディスクシール DST法 ディスクシール

    2010年代よりアメリカで開始された椎間板治療。手術後の患者を含めて、極めて幅広い疾患に適応可能。唯一「椎間板修復・再生」が可能な治療です。『オぺレーション・ジャパン(株)調べ』

    自由診療
    詳しくはこちら
  • PIDD法
    (インプラント)

    PIDD法 インプラント PIDD法 インプラント

    2000年代より行われている椎間板インプラント治療。PLDDのように治療後の椎間板の損傷がなく効果も見込める。適応する疾患は椎間板ヘルニアのみです。

    自由診療
    詳しくはこちら
  • ハイブリッドレーザー治療

    ハイブリッドレーザー治療 ハイブリッドレーザー治療

    PLDDとPODDのメリットを合わせた治療。適応する疾患は椎間板ヘルニアのみです。

    自由診療
    詳しくはこちら
  • PODD法
    (オゾン)

    PODD法 オゾン PODD法 オゾン

    1990年代より主にヨーロッパで行われている椎間板オゾン治療。幅広い疾患に適応可能です。

    自由診療
    詳しくはこちら
  • PLDD法
    (レーザー)

    PLDD法 レーザー PLDD法 レーザー

    1980年代から日本でメジャーな日帰り椎間板レーザー治療。適応する疾患は椎間板ヘルニアのみです。

    自由診療
    詳しくはこちら
  • 腰痛特化型リハビリ

    腰痛特化型リハビリ 腰痛特化型リハビリ

    関節・筋肉・靭帯が原因となる腰痛疾患や症状を改善。最新腰痛治療機器を使用し、専属トレーナーがマンツーマン形式で直接指導いたします。

    詳しくはこちら