なぜゴルフは腰痛や背骨の痛みを悪化させるのか?原因と合併症の予防方法も解説

ゴルフは世界中の多くの人々にとって人気のある趣味であり、退職年齢に近づくとともにその人気も高くなります。コースで一日を過ごす時間は、リラックスしているように見えるかもしれませんが、実際は脊髄の健康にいくつかの悪影響を及ぼしている可能性があるのです。

ゴルフは反復的なスポーツだと言えるでしょう。ゴルフクラブを握れば毎回同じ姿勢でクラブを振り、各ティーショットを打つたびに体を調整し、姿勢を傾け、度々ゴルフバッグを肩に背負って、体の重心が左右どちらかに偏ったままにホールを次から次へと歩き回ります。

これらの反復運動を、一つずつ見れば大したこないはないと思われるかもしれませんが、長い時間、何度も繰り返すことで、反復運動障害、筋肉や腱の筋違い、椎間板の悩みなど、多くの脊椎の問題につながる可能性があります。またこれらが原因で体を衰弱させるだけでなく、痛み止めの慢性的な使用などによって、他の問題にもつながります。

打ち過ぎから生まれるゴルフ傷害

ゴルフにおける腰痛の最大の原因の1つはゴルフスイングにあります。ゴルフを上手にプレイするために、特にティーショットを打つときのスイングには、体をねじる強い力を入れなければいけません。しかし、スイングの動きをスムーズに、また適切なフォームができていないと、背骨や周囲の筋肉・靭帯をすぐに痛めてしまいます。

背骨を捻る動きをするときは、特にダメージを与えやすい姿勢になっているので、ゴルフのスイングはまさにその典型的な例と言えるでしょう。肩、腰と背中を連動させて負荷を分散し、体のどの部分にも圧力を掛けすぎないようにすることが重要なのです。スイングの仕方を少しでも間違えると、腰や首の椎体・筋肉に大きな負担を掛けてしまいます。

背骨の中で一番下の関節、腰椎と仙骨の間にある椎間板が特に脊髄損傷を受けやすい関節です。この関節は、他の腰の関節と比べてねじれる幅が広くなっています。そのため、背骨にねじる動きを入れすぎると、この関節が摩耗やストレスを感じやすくなり、その結果、ゴルフ以外のときでも様々な動きによって腰痛になることがあります。

腰や首の筋肉もゴルフスイングによって筋違いをしやすくなります。一回のスイングで大きな力を素早く発揮する必要があるため、むち打ちのような動きになってしまうときがあります。これによって、背中の筋肉、特に首周辺に負担がかかり、筋肉の筋違い、捻挫、または肉離れを招きます。

ゴルフバッグを運ぶことを繰り返すこともまた、背骨に負担を与えています。原因は、運ぶこと自体とバッグを肩に下げる動きの両方です。ゴルフバッグを、悪い姿勢で持ち上げると、腰に大きいな圧力が掛かってしまいます。時間が経つにつれて、椎間板の退化もしくはヘルニアにつながることがあります。

ゴルフコースを歩いているとき、バッグのストラップと重さにも、腰痛の問題があります。ストラップは、肩の上部にある僧帽筋に大きな負担を与え、背骨を長時間、横に傾けてしまうことになります。通常、背骨はニュートラルな状態が最も機能しやすく、前屈や後屈を十分耐えられるのですが、横に曲がったままになると不安定で怪我しやすいな状態になってしまいます。これによって、筋肉の筋違い、椎間板の退化、または他の脊椎の問題を起こしやすくなります。

ゴルフ傷害にならないために管理しましょう

反復運動障害や筋肉の筋違いなどというゴルフの怪我は、痛み止めで治療することが多いと思います。処方箋医薬品を利用して、痛みを和らげるための短期的な解決策のように見えるかもしれませんが、時間を掛けて休まない限り、背中が完全に治ることはありません。

治療を先延ばしにすると、さらなる怪我のリスクを高めてしまい、長期に渡って鎮痛剤を飲み続ける事になるかもしれません。一般的に使われている医療用医薬品の多くは、依存性の恐れにつながる中毒性の高いものもあり、薬は時間の経過とともに効果が薄れ、全体的な痛みのレベルが高くなると感じることがあります。

合併症の予防方法

ゴルフは古典的なスポーツであり、外に出て運動し、友人や同僚との時間を過ごすには最適です。しかし、健康と幸福感のことを考えると、特に背骨のことに関して、正しいゴルフプレイができることは非常に重要です。スイングの正しいフォームと姿勢を整え、背中の筋肉や関節に負担が掛かるオーバースイングにならないようにすることが大切です。

また、運動になるために最初のホールから最後までゴルフバッグを自分で歩き、運ぶことを好まれる場合、デュアルショルダー・ストラップ付のバッグを利用することが良いでしょう。そのデザインによって、肩と背中に加わる外的な力のバランスを取る為に役立ち、背骨の摩耗を最小限に抑え、怪我のリスクを減らすことができます。

日帰り腰痛治療ILC国際腰痛クリニックトップページはこちらから

関連記事

腰痛予防に役立つ睡眠習慣とは?

椎間板ヘルニアの原因は?治療法『DST法』もご紹介

この記事の参考文献
https://www.spine-health.com/conditions/sports-and-spine-injuries/preventing-low-back-pain-golf
https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/fitness/in-depth/golf/art-20047434

ケビン・パウザ医師のブログより引用・翻訳
https://discseel.com/how-repetitive-sports-like-golf-deteriorate-your-spine/

 

医師紹介

野中康行
野中 康行
医療法人康俊会理事長
ILC国際腰痛クリニック院長
日本内科学会、日本循環器学会、日本麻酔科学会、不整脈学会所属
得意分野:椎間板変性症、椎間板ヘルニア、腰痛症 、脊椎分離症・すべり症、脊柱管狭窄症、脊椎圧迫骨折、坐骨神経痛、麻酔・疼痛管理