PLDD施術後の再発に悩む60代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

60代 男性

問合せ内容

椎間板ヘルニアの診断にて過去に3PLDD法での治療を実施しましたが、

度々の再発に苦しんでおります。

現在は腰背部から臀部にかけた激しい痛みがあり、他院では脊柱管狭窄症

と診断されております。

もし当院で治療が可能なら日帰りでの治療を検討したいと考えております。

画像診断結果

主訴 

左臀部痛。PLDD3回施行されている。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアを認めます。

また、一部黄色靱帯の肥厚を認め、LCSの合併も認めます。

椎間板治療としては線維輪損傷が認められる可能性が高く、DST法が

適応となり、有効率は73-80%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧