1年経過の患者様の声

当院では、治療後の患者様に ”1週間後” ”1ヶ月後” ”3ヶ月後” ”6ヶ月後” ”1年後” と

アフターフォローのお電話をさせていただいております。

今回は、その中より1年後のアフターフォローをさせていただいた患者様の声を紹介させて

いただきます。

※満足度10段階評価

 

60代 男性

治療前の症状

腰痛が強く、他院では椎間板ヘルニアと診断されている。

ブロック注射などで治療をしていたが、足のしびれ(特にふくらはぎ)が強く、

症状が強い時は歩行も困難な状態になっております。

治療方法

DST法 2箇所

1週間後

治療に伴う症状だと思うが、腰背部に非常に強い痛みがあり、体を動かす事も辛い。

また、下肢にも強い痛みとしびれが出ている状況。

1ヶ月後

腰背部の痛みや下肢の痛み・しびれなどは変わらず出ているが、症状は1週間後

緩和(以前の半分程度)してきていると感じる。

3ヶ月後

腰背部の痛みは1ヶ月後よりさらに緩和し、殆ど痛みが無くなった。

ただ、下肢の痛み・しびれはまだまだ残っており、3日に1回程度発生する強い痛み

の時は、前屈みの体制になってしまう。

6ヶ月後

下肢の痛み・しびれの症状も3ヶ月後の約半分程度の症状に改善。

ただ、足が冷えると張りや筋肉痛のような痛みが出るのと、100メートル程度歩くと

しびれが発生する。

1年後

腰背部の痛みや下肢の痛み・しびれ等の症状は取れておらず、今も300メートル程度

歩くと右足のしびれや臀部の痛みなどが発生していますが、治療前と比べると非常に

楽にはなっている。

満足度はです。

 

60代 男性

治療前の症状

他院で脊柱管狭窄症にて外科的手術を施行するも、症状が改善されず。

両下肢から足裏全体に痛み・痺れが強く出ており、現在は歩行も厳しい状態になっている。

治療方法

DST法 3箇所

1週間後

両下肢に鈍痛・しびれと両足裏にしびれが強く発生している。

就寝後、暫くすると痛みが出る事が多い。

1ヶ月後

1週間後と症状は変わらず、引き続き両下肢の強い鈍痛・しびれと両足裏に強いしびれがある。

また、就寝中に痛みで起きる事もある。

動くのが辛く、横になる状態が続いているので、不安。

3ヶ月後

両下肢の鈍痛・しびれと両足裏のしびれは若干だが改善している。

就寝中に痛みで起きる回数も減ってきており、徐々に体を動かす事や歩行もできるようになってきている。

6ヶ月後

両下肢の痛みは殆ど取れたが、両下肢・両足裏のしびれがまだまだ残っており、たまに股関節にもしびれが

出る時もある。足の指は広げれなく、重だるい感じとなっている。

ただ、歩行距離は大幅に伸び、リハビリを兼ねてジムにも週2回行くようにしている。

1年後

両下肢の痛みは取れたが、両下肢・両足裏のしびれはまだ残っている。

ただ、治療前より行動範囲も広がる位、体が動かせることになったので、満足しています。

満足度は9です。