1年経過の患者様の声

当院では、治療後の患者様に ”1週間後” ”1ヶ月後” ”3ヶ月後” ”6ヶ月後” ”1年後” と

アフターフォローのお電話をさせていただいております。

今回は、その中より1年後のアフターフォローをさせていただいた患者様の声を紹介させて

いただきます。

※満足度10段階評価

 

60代 女性

治療前の症状

両下肢に常に坐骨神経痛の症状が発生しており、歩行も辛い。

(臀部から足先までの痺れや突っ張り感・冷えが強い)

治療方法

DST法 1箇所

1週間後

腰背部の痛みと下肢に痛みとしびれがある。

特に下肢のしびれは強く、動くのも辛い。

1ヶ月後

腰背部の痛み・下肢のしびれなど症状は変わらず発生しているが、若干だが以前より

症状は緩和したと感じる。

3ヶ月後

下肢の痛み・しびれは徐々に改善しているが、腰背部の痛みは強くなってきている。

6ヶ月後

下肢の痛み・しびれの症状は大幅に改善し、前屈時などに出る突っ張り感など以外は

気にならなくなってきている。腰背部の痛みも徐々に緩和している。

1年後

腰背部の痛みは取り切れていないが、下肢の痛み・しびれ等の症状は殆ど発生しなくなり

非常に嬉しい。姿勢を気にする事で症状緩和にも繋がったと感じている。

満足度はです。

 

80代 女性

治療前の症状

2年ほど前から腰痛が発症し、他院では椎間板ヘルニアだろうとの診断。

立つと臀部から下肢全体に痛い。ブロック注射と痛み止めにて治療するが効果が無い。

治療方法

DST法 3箇所

1週間後

腰背部・両下肢に鈍痛と両足裏にしびれが強く発生している。

就寝時は寝返りを打つのも辛い。

1ヶ月後

両足裏のしびれは若干緩和していると感じるが、腰背部の鈍痛と両下肢の痛みは

1週間後と変わらず、引き続き強い症状が発生している。

また、新たに臀部にも鈍痛が発生する。

3ヶ月後

両足裏のしびれ・両下肢の痛みは改善傾向。また臀部の鈍痛も解消。

ただ、腰背部の鈍痛は変化が無い。

6ヶ月後

両足裏のしびれ・両下肢の痛みは完全に取れた。

腰背部の鈍痛は引き続き変化が無い。

1年後

9か月後頃を境に腰背部の鈍痛が大幅に改善し、痛みが無くなった。

また、治療前よりあった疼痛も改善した。

満足度は9です。