1年経過の患者様の声

当院では治療後の患者様に期間ごとにアフターフォローのお電話をさせて頂いており

その中より1年後のアフターフォローをさせて頂いた患者様の声をご紹介致します。

※満足度10段階評価

70代 女性

治療方法・箇所 

DST法・3箇所

治療前の症状

以前より腰に重だるいような症状がありましたが、2週間ほど前より腰背部の激しい

痛みと股関節から右足全体にかけた疼痛が発生近くのするようになり、近くの病院を

受診したところ、L4/5椎間板が潰れており、外科的手術を提案されております。

歩くと強い痛みが出る為、歩行も困難な状態ですが、外科的手術は避けたいと考えて

おりますので、当院での治療が可能か診て頂きたいと思います。

1週間後

治療前とほぼ変わりなく腰部・臀部・右下肢の痛みなどの症状が出ております。

また、来週からの予定でリハビリを開始し、症状改善に繋げていこうと思います。

1ヶ月後

1週間経過時と症状に大きな変化は無いです。

特に歩行時・長時間の立位時には鈍痛が強く発生し、その後暫くは動けなる状態に

なります。リハビリなどできるだけ身体を動かすような対処は進めております。

3ヶ月後

少しずつではありますが、全ての症状が良くなってきております。

現在の症状は1ヶ月後経過より3割程度減少した感じです。

リハビリの効果も感じるので、引き続き定期的に継続したリハビリも実施します。

6ヶ月後

全ての症状が大幅に改善し、痛み等も非常に緩和しております。

起床してから起き上がるまでの動作時に腰に痛みが発生する事が多いですが、

それ以外はあまり気にならない程度になりましたので、身体も楽で動きやすいので

非常に嬉しいです。

1年後

腰・臀部・大腿裏などに筋肉が張ったような痛みが時々発生しますが、治療前と

比べると格段に改善しておりますし、治療にも非常に満足しております。

満足度はまだ改善する期待値も込めた数字としておきます。

満足度は8です。

40代 男性

治療方法・箇所 

DST法・3箇所

治療前の症状

二年半ほど前から左右の梨状筋や太腿の外側辺りが歩くと強い痛みが発生し、

酷い時は間欠歩行にて歩けない状態となります。

また、足指先に痺れと冷感もあり、意志通りに動かせない時もあります。

他院では2ヶ所の腰部脊柱管狭窄症と1ヶ所の腰椎すべり症と診断され、固定術を

勧められておりますが、固定術は絶対に避けたいので当院の治療をホームページ

で知り、可能であれ治療したいと思います。

1週間後

両下肢のしびれは治療前と同程度の症状が続いておりますが、臀部と両下肢にあった

激しい痛みは治療前よりやや緩和していると感じます。

1ヶ月後

1週間後経過時と殆ど症状変化は無い状態で、臀部痛と両下肢痛・しびれが出ています。

ただ、今までは痛み止めを飲んでも効かなかったのですが、薬で症状が治まる日なども

出てきております。

3ヶ月後

両下肢の痛み・しびれに変化は無いですが、臀部痛は半減しました。

痛み止めの服用する回数も減ってきておりますので、引き続き症状改善を願っております。

6ヶ月後

数日ほど前より全ての症状が大幅に改善し、臀部痛・両下肢痛みは無くなりました。

両下肢のしびれはまだ残っていますが、そこまで気にならない程度で日常動作には問題無く

満足しております。

1年後

痛みは再発する事も無く、嘘のように無くなりました。

ただ、両下肢のしびれは足底部にまだ残っており、全ての症状が取り切れた訳ではありませんが

日常生活には問題も無いので大変感謝しております。

満足度は10です。

DST法について詳しくはこちら
治療症例に関する記事一覧