1年経過の患者様の声

当院では治療後の患者様に期間ごとにアフターフォローのお電話をさせて頂いております。

今回、その中より1年後のアフターフォローをさせて頂いた患者様の声をご紹介致します。

※満足度10段階評価

60代 女性

治療方法・箇所 

DST法・4箇所

治療前の症状

椎間板変性症と診断されております。

腰背部痛と両下肢の痛み・しびれが常に非常に強く発生している状態です。

日本の多くの腰の名医と言われた先生方にも診てもらい、外科的手術も6回実施しましたが

症状が改善せず、非常に辛いです。

1週間後

手術翌日は腰背部痛・両下肢しびれが非常に強く、まだまだ残存しておりますが、

日を追うごとに前屈みの体制や歩行などの動作も徐々にできるようになってきております。

1ヶ月後

日によって波はあるが、症状は全体的に改善傾向と感じます。

前屈みの体制も非常に楽になり、歩行も調子が良ければ7000歩程度歩けるようになっております。

3ヶ月後

腰背部痛・両下肢しびれなども残っていますが、1ヶ月後経過よりも更に改善を感じております。

草むしりなど腰に負担の掛かる体制を取ると症状が出るので、リハビリと並行して身体を大切に

休めるようにもしていきます。

6ヶ月後

痛みやしびれなど3ヶ月後経過から大きな症状改善は少ないですが、歩行距離も伸びており

日常動作の質も上がってきております。

以前に比べて非常に動きやすいです。

1年後

6ヶ月後経過から若干改善しましたが、痛みやしびれなどはまだ残っております。

ただ、孫の世話などもできるまで改善し、非常に嬉しいです。治療には満足しております。

満足度は8です。

50代 女性

治療方法・箇所 

DST法・4箇所

治療前の症状

椎間板ヘルニア・腰椎すべり症と診断されております。

腰背部の疼痛と左下肢しびれが非常に強く、痛みをかばう形で腰も左側に傾斜してきており

歩行困難な状態です。

現在は薬も効かないほど状態が悪化しており、早期の治療を希望しております。

1週間後

右腰背部痛や臀部痛、両下肢の痛み・しびれがまだまだ非常に強く発生しておりますが、

治療前と痛みの質は変化している気がします。今後に期待しております。

1ヶ月後

全体的な痛み・しびれなどの症状に変化は無く、新たに両足に突っ張るような痛みも

発生してきております。ただ、長時間座れるようになりました。

3ヶ月後

臀部痛や両下肢の疼痛・しびれは1ヵ月後経過時よりも大幅に改善しております。

しかし、右腰背部痛は変化が無く、まだまだ非常に強い痛みがあります。

ただ、姿勢は以前よりも非常に良くなり、背筋も少しだけ伸ばす事ができます。

6ヶ月後

右腰背部痛に変化は無く、他の症状も3ヶ月後経過とあまり変わらない状態です。

ただ、起床時に発生していた痛みは無くなったので、非常に身体も楽で嬉しいです。

1年後

6ヶ月後経過時より全ての症状が若干改善はしましたが、まだ残存しております。

ただ、治療していなければ歩行など動く事さえもできませんでしたので、治療して

動けるようになったことに大変満足しており、治療して良かったと思います。

満足度は9です。

DST法について詳しくはこちら