1年経過の患者様の声

当院では治療後の患者様に期間ごとにアフターフォローのお電話をさせて頂いております。

今回、その中より1年後のアフターフォローをさせて頂いた患者様の声をご紹介致します。

※満足度10段階評価

70代 男性

治療前の症状

以前、脊柱管狭窄症と診断されております。

両足の痺れが強く、間欠性跛行も強く発生しており、歩行も困難な状態です。

外科的手術を勧められているが、手術は避けたく他の方法での治療を検討しております。

1週間後

しびれはまだまだ強く発生していますが、今までは10m程しか歩けなかったのが、

100m程度歩けるようになり嬉しいです。

1ヶ月後

しびれは1週間後より若干ですが緩和しております。

ただ、特に足裏のしびれは強く残っており、足首も冷えたような感覚が続いています。

歩行距離も徐々に増えておりますが、1km以上など長い距離の連続歩行は厳しいです。

まだ治療の改善途中として、様子を見ていきます。

3ヶ月後

しびれは1ヶ月後経過より更に緩和してきておりますが、左足の指・指先・指先裏には

残っており、長い距離の連続歩行も厳しい状態です。

ただ、身体は非常に楽になりつつあります。

6ヶ月後

3ヶ月後経過と大きな変化が無いが、治療前と比べる随分良くなっております。

1年後

左足指先裏のしびれはまだ残っており、全ての症状が取り切れていませんが、治療前は

歩行も困難な状態だったのが、今では長い距離の連続歩行もできるようになり、非常に

良かったです。

満足度は9です。

70代 女性

治療前の症状

他院では腰椎すべり症と診断されております。

臀部・両足の太ももからふくらはぎに掛けて常に強い痛みがあり、特に歩行時が辛く、

痛み止めを飲んでいますが全く改善しない状態です。

1週間後

腰背部・臀部に強い痛みが出てますが、下肢の疼痛やしびれなどは若干緩和した気がします。

ただ、新たな症状として両足ふくらはぎの後ろにハリが出てきており、非常に気になります。

1ヶ月後

腰背部の痛みは無くなり、臀部の痛みと下肢の痛みも緩和してきております。

下肢のしびれ・両足ふくらはぎの後ろのハリもはまだ残っておりますが、以前よりも

楽に歩けるようになっています。

3ヶ月後

下肢のしびれ・両足ふくらはぎの後ろのハリは無くなりました。

ただ最近、緩和傾向だった臀部の痛みと下肢の痛みが増えてきており、治療日当日程度の

痛みまで戻ってきているので、治るのか不安もあります。

6ヶ月後

増悪していた臀部の痛みと下肢の痛みも、左程気にならない程度にまで改善し、非常に

嬉しく安心しました。

時折、臀部の筋肉が痛くなる事がありますが、今まで痛くて動かせていない筋肉が使える

事による筋肉痛かなと考えてます。

1年後

ほぼすべての疼痛が改善し、快調に日常生活を過ごせており、大変満足しております。

満足度は10です。

DST法について詳しくはこちら