1年経過の患者様の声

当院では治療後の患者様に期間ごとにアフターフォローのお電話をさせて頂いており

その中より1年後のアフターフォローをさせて頂いた患者様の声をご紹介致します。

※満足度10段階評価

50代 女性

治療方法・箇所 

DST法・4箇所

治療前の症状

30代半ばから臀部痛や両足の痺れ・左足の突っ張り感が発生するようになり、

一度良くなりましたが、一昨年頃から症状が悪化し、ひどくなるばかりです。

他院では腰椎すべり症・脊柱管狭窄症と診断されており、外科的手術の治療を

提案されておりますが、外科手術は避けたいと考えております。

1週間後

治療前と同じ程度の臀部痛・両足に痛み・しびれ等があり、新たに脹脛の張りも

出ております。

1ヶ月後

臀部痛と両足の痛みは1週間後経過時よりも強くなっており、やや不安です。

ただ、痛みがマシな日は以前は歩く事もできませんでしたが、歩けるように

なりました。

3ヶ月後

日によって差は大きいですが、左足のしびれは改善してきております。

ただ、臀部痛と両足の痛みは変化が無く、今まで無かった腰痛も出てきております。

まだ改善段階と捉えてリハビリにも頑張って取り組んでおります。

6ヶ月後

臀部痛や両下肢痛など痛みはまだまだ残っておりますが、腰痛や下肢のしびれは

楽になり、全体的に症状の改善を感じております。

リハビリ効果もあると感じております。

1年後

全ての症状が無くなった訳では無いですが、治療前と比べるとかなり改善しました。

日常の動作や生活は支障無く行えます。

治療して良かったと感じております。

満足度は8です。

70代 女性

治療方法・箇所 

DST法・3箇所

治療前の症状

10年ほど前より椎間板ヘルニア・腰椎すべり症と診断されており、常に腰痛や臀部痛・

両下肢の痛みやしびれなどは発生しておりましたが、ひと月前頃より急に症状が酷く

なってきました。

特に起床時が辛く、起き上がるまでに1時間程度掛かります。

また、咳をするだけでも痛みが発生し、歩行も困難な状態です。

1週間後

全ての症状が非常に強く発生しており、薬を飲んでも効かないです。

特に坐骨神経の痛みが強く、歩く事も出来ない為、この1週間はほどんど寝込んでいました。

1ヶ月後

1週間後経過時よりも全体的に症状はやや緩和してきております。

ただ、引き続き坐骨神経の痛みが酷く、非常に不安があります。

3ヶ月後

ここ1週間で臀部痛が緩和してきており、起床時も非常に楽になってきております。

坐骨神経の痛みは変化が無く、鎮痛剤もあまり効果が無いので、非常に不安があります。

6ヶ月後

腰痛はほぼ無くなりました。

また、坐骨神経の痛みも少し緩和してきており、鎮痛剤で痛みが治まる日も出てきました。

治療効果を感じております。

1年後

9ヶ月経過頃より改善が進み、現在は若干の下肢しびれ以外の症状はほぼ無くなりました。

日常生活が大変楽になり、ここまで改善するとは思っておりませんでしたので、非常に

満足しております。

満足度は10です。

DST法について詳しくはこちら
治療症例に関する記事一覧