• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 臀部痛と右足の痛み・しびれに悩む70代女性の椎間板変性症の治療-DST法

臀部痛と右足の痛み・しびれに悩む70代女性の椎間板変性症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

2018年の年末頃に仕事中に右臀部に激痛があり、整骨院で電気治療を6回受けたが改善が無く

2019年に整形外科を受診。レントゲン検査では異常がない為、牽引治療を勧められ3ヶ月ほど

リハビリ通院したが、これでも改善がありませんでした。

2020年にMRI検査を受けた際には椎間板の変性が起こっており、L3/4・L4/5の椎間板ヘルニア

と脊柱管狭窄も併発しているとの診断にて痛み止め・湿布・整骨院通院など保存的治療実施と

なるが、臀部痛や右下肢の疼痛・しびれは日々悪化し、現在は日常生活も辛い状態です。

もし当院で治療が可能なら、治療検討したいと考えております。

画像診断結果

主訴

臀部痛。右坐骨神経領域の疼痛としびれ。201810月より。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となります。

病名:椎間板変性症

DST法 3箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧