• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 臀部から両足つま先にかけた強い痛みに悩む60代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

臀部から両足つま先にかけた強い痛みに悩む60代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

60代 女性

問合せ内容

40歳頃から臀部から両足のつま先にかけて強い痛みが出るようになり、固定術を勧められましたが

手術は望まないので薬などによる保存的治療を実施する事で、暫くは症状が緩和しておりました。

ただ、最近になり今までよりも強い症状が再発するようになり、近医では腰椎すべり症・座骨神経痛

の診断にてペインクリニックを紹介され、ペインクリニックに通っておりますが改善が無い状況です。

画像診断結果

主訴

腰背部痛および両坐骨神経領域の疼痛。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

また、L4腰椎すべり症も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となります。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 3箇所

治療中の画像

 

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧