腰背部痛に悩まされている50代男性の椎間板ヘルニアの治療-PLDD法

50代 男性

問合せ内容

常に腰痛があり、突然ぎっくり腰のような強い症状が出たこともあります。

近医では脊柱管狭窄症と診断されておりますが詳細説明は無く、具体的に

治療の提案や対応策等も頂けない状態です。

専門医に診て頂き、可能であれば日帰り治療を検討しております。

 

画像診断結果

主訴

腰背部痛。急性腰痛発作があり、時折鈍痛が出現。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはPLDD法が適応となります。

病名:椎間板ヘルニア

PLDD法 3箇所

治療中の画像

 

PLDD法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧