• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 腰背部痛と右足の強いしびれに悩む30代男性の椎間板ヘルニアの治療-PLDD法

腰背部痛と右足の強いしびれに悩む30代男性の椎間板ヘルニアの治療-PLDD法

30代 男性

問合せ内容

腰の下部に激しい痛みと右太ももの強いしびれがあり、腰を曲げると上半身まで

痛みやしびれが出る状態です。

他院ではL4/L5 L5/S腰椎すべり症にて外科的手術が適応と診断されております。

手術以外の方法を調べていたところ当院を発見し、治療可能であれば遠方ですので

日帰り可能な治療を希望したいと考えております。

画像診断結果

主訴 

腰部の疼痛および右大腿部のしびれ。

L4/5 L5/S 腰椎すべり症の診断あり。

所見

L4/5 L5/Sに椎間板変性症と膨隆型椎間板ヘルニアを認めます。

椎間板内圧の上昇により腰背部痛が出現している可能性があります。

特に前屈姿勢により腰背部痛が出現する場合は可能性が高いと考えます。

椎間板治療としては椎間板容量も保たれている事からPLDD法が適応となり

有効率は腰痛に対して82%前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

PLDD法 2箇所

治療中の画像

 

PLDD法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧