腰背部の強い痛みに悩む40代男性の椎間板変性症の治療-DST法

40代 男性

問合せ内容

3年ほど前より腰に痛みが出るようになり、以降は年々症状が悪化しており

日々悩まされております。

住まいが遠方の為、まずは画像相談にて現在の状態や治療可否を診て頂き、

治療可能なら日帰りで治療を受けたいと考えております。

画像診断結果

主訴 

腰背部痛および両坐骨神経領域の疼痛。3年ほど前より。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアを認め、L4/5では椎間容量の減少

ならびに椎体骨終板炎の合併も認めます。

椎間板治療としては椎間板容量の減少を認めている事から線維輪損傷が強く疑われます。

したがってDST法が適応となる可能性が高いと考えます。

DST法による有効率は、腰痛に対しては80%前後・下肢の神経障害性疼痛に対しては

75%前後・下肢の感覚障害(しびれ等)に対しては73%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧