腰痛や足底部の疼痛に悩む70代女性の腰椎すべり症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

近医ではすべり症と診断されている。また、圧迫骨折もしていたと言われています。

現在、強い腰背部痛や両下肢の疼痛・両足底部の痛み・痺れがあり、歩行・立位も10分ほどしかできないです。

ただ、治療として手術は厳しいと言われ、痛み止め注射ばかリで対応しておりますが全く効果もない状態です。

画像診断結果

主訴

右臀部痛。

腰背部痛。両足底の神経障害性疼痛。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよび一部LCSの合併を認めます。

また、L4腰椎すべり症・側彎症も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となるが、L5/Sについては穿刺不可能な場合、治療できない可能性もあると考える。

病名:腰椎すべり症

DST法 4箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
すべり症の治療に関する記事一覧