腰痛と両足の痛み・しびれに悩む40代女性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

40代 女性

問合せ内容

26年ほど前に椎間板ヘルニアと診断されてから、悪化と改善を繰り返しており

10年ほど前からは症状が更に強くなってきております。

今年3月に他院を受診した際は、主治医より手術は難しい状態とのことにて

ブロック注射や投薬などの保存的治療を行っておりますが改善が無い状況です。

本当に手術ができないのか当院で診察して頂き、治療が可能なら希望したいと

考えております。

画像診断結果

主訴 

腰背部痛及び両坐骨神経領域の疼痛としびれ。

26年ほど前より腰背部痛があり、10年前より増悪傾向。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 椎間板変性症と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は7380%前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

DST法 3箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧