• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 腰痛と足底部のしびれに悩む50代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

腰痛と足底部のしびれに悩む50代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

50代 男性

問合せ内容

5年前ほど前にL5/S 腰椎椎間板ヘルニアと診断され、我慢できる範囲での腰背部痛と

左足足底部のしびれがある状態でしたが、2年前に症状が再発して以降は右足足底部

にもしびれが出るようになりました。

以前はブロック注射や理学療法のみで症状が和らいでいましたが、現在は腰背部痛や

両足足底部のしびれ・ふくらはぎが攣る症状等が治まらない状態が続いております。

ホームページで当院のDST法を知り、日帰りできる治療という点にも非常に魅力を

感じておりますので、診察を受けた上で可能であれば治療を希望します。

画像診断結果

主訴 

腰背部痛及び足底部のしびれ。

L5/S 椎間板ヘルニアを指摘されている。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアを認めます。

特にL5/Sでは椎間板容量の減少を伴っており、線維輪損傷が強く疑われる状態ですので

椎間板治療としてはDST法が必要になる可能性が高いと判断します。

DST法による有効率は、腰痛に対しては80%前後・下肢の神経障害に対しては73-75

前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

DST法 4箇所

治療中の画像

 

 

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧