腰痛と足先のしびれに悩む70代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

強い腰痛により常に腰を曲げた状態で生活しております。また両足先に痺れを感じる時もあります。

近医では脊椎変形症にて椎間板が減っている事で、背骨の彎曲により脊柱管狭窄症も併発していると

言われております。ステロイド剤の注射や内服薬・リハビリなど色々と実施しておりますが改善が無く

医師からは脊椎固定術を提案されておりますが、固定術は避けたいと考えております。

このような症状でも治療が可能であれば検討したいと考えております。

画像診断結果

主訴

腰背部痛。左側優位。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアを認め、腰椎不安定症からLCSの合併も認めます。

椎間板治療としては線維輪損傷が認められる可能性が高くDST法が適応と判断します。有効率は腰痛に

対しては80%前後・下肢の神経障害に対しては73-75%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 4箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧