腰痛と膝から下の冷感に悩む80代男性の椎間板変性症の治療-DST法

80代 男性

問合せ内容

以前より腰痛で悩んでおります。

常に腰が痛くて伸ばせない為、歩行中も非常に不安定で突然転ぶ時もあります。

また、膝から下に常に冷感があり、就寝中に良くこむら返りが起こります。

現在は薬による保存的治療を実施しておりますが改善も無いので、可能であれば

治療も実施したいと考えております。

画像診断結果

主訴

腰痛。膝関節痛。下肢の神経障害性疼痛。

夜間に下肢の痙攣あり。

所見

L1/2 L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法となり、有効率は腰痛に対しては約80%前後・下肢症状に

対しては約73-75%前後・下肢の痙攣に対しては約50%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 5箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧