腰痛と左足全体のしびれに悩む80代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

80代 男性

問合せ内容

9年ほど前より腰痛が強く出るようになり、加えて3年ほど前からは左足全体に

強いしびれも出ている状態が続いております。

他院では脊柱管狭窄症と診断されておりますが、手術は厳しいと言われており

薬による保存的治療での対応となり、全く症状緩和が無い状態です。

もし当院で治療が可能なら、治療したいと考えております。

画像診断結果

主訴 

9年ほど前より腰痛、3年ほど前より左坐骨神経領域のしびれが出現。

脊柱管狭窄症の診断あり。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は73%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 4箇所

患者様の声

MRI検査結果や診察にて改めて現状の腰部の状況を見て、人生の足跡に感謝すると共に

今までの診察では味わえない対応や説明に人間性を感じさせて頂き、感謝申し上げます。

院長はじめ皆々様、本当に有難く、厚く御礼申し上げます。

治療中の画像

 

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧