• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 腰痛と両足全体の疼痛・しびれに悩む70代男性の椎間板変性症の治療-DST法

腰痛と両足全体の疼痛・しびれに悩む70代男性の椎間板変性症の治療-DST法

70代 男性

問合せ内容

腰背部の鈍痛と両下肢全体の疼痛・しびれが強くあり、歩行も非常に辛い状態です。

他院ではL4/5脊柱管狭窄症の診断にて治療法として外科的手術を提案されております。

外科的手術は避けたく他の治療法を探していた際にインターネットで当院を見つけ、

遠方ですので可能なら日帰りで治療実施したいと考えております。

画像診断結果

主訴 

腰背部痛及び両下肢のしびれ

所見

腰椎全般に高度椎間板変性症と椎間板ヘルニアを認めます。

また、黄色靱帯の肥厚も伴っており脊柱管及び椎間孔狭窄も認めます。

椎間板治療としては椎間板が潰れている状態である事からDST法が適応となり、

有効率は腰痛に対して80%前後、下肢の神経障害性疼痛に対しては73-75%前後

と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 5箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧