腰痛と両足の痛みに悩む50代男性の椎間板変性症の治療-DST法

50代 男性

問合せ内容

昨年9月頃より左腰の痛みや右足拇趾先の痺れが出るようになり、今年3月に近医を受診した際には

L4/5 L5/Sの椎間板変性よる部分的な神経圧迫があるが、手術するほどではないと言われております。

しかし、単に痛みや痺れが無くなるのではなく、趣味の運動が元通りに出来る程度にまで改善したい

と考えており、インターネットで色々と調べていく中で椎間板修復ができ、外科的手術と比較しても

非常にリスクが少なく安全な治療法としてDST治療を発見しました。

治療が適応であれば、出来れば日帰り治療を受けたいと考えております。

画像診断結果

主訴

左腰背部痛および両下肢神経障害性疼痛。

所見

L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となります。

病名:椎間板変性症

DST法 2箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧