• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 腰から左足にかけた強い痛みに悩む70代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

腰から左足にかけた強い痛みに悩む70代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

以前から腰や左足に強い痛みがあり、他院では腰椎すべり症と診断されております。

治療するなら外科的手術が適応と言われておりますが手術は望まないので、当院の

治療を検討しております。

画像診断結果

主訴

左坐骨神経領域の疼痛としびれ

所見

L1/2 L2/3 L3/4 L4/5 L5/Sと腰椎全般にわたり椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよび

LCSの合併を認めます。椎間板治療としては造影検査を行いますが、恐らく線維輪損傷

が複数で確認されると考えられ、DST法が適応になると考えます。

DST法の有効率は73-75%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 5箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧