• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 腰から右足にかけた強い疼痛に悩む70代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

腰から右足にかけた強い疼痛に悩む70代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

70代 男性

問合せ内容

15年ほど前より脊柱管狭窄症の診断にて薬による保存的治療を続けておりますが、

殆ど効果が無い状態です。現在は腰の鈍痛と右臀部から右下肢にかけた疼痛があり

強い間欠性跛行も出ております。

まずは診察して頂き、可能であれば椎間板治療も検討しております。

画像診断結果

主訴

腰背部痛および右坐骨神経領域の疼痛としびれ。間欠性跛行を伴う。

15年前より。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法となり、有効率は約73-75%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 4箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧