脊椎固定術後のDST(ディスクシール治療)治療効果

脊椎固定術後DST(ディスクシール治療)を施行された方の治療効果結果です。

脊椎固定術を行っても、改善がない方再発される方が多くおられます。

当院のDST(ディスクシール治療)では、そういった脊椎固定術後の方でもDST適応となっております。

腰の痛みのみの結果にはなりますが、11人中7割程の方が改善されています。

また、脊椎固定術を検討されている方は、脊椎固定術後でも7割程の改善率となっていますが、

脊椎固定術前の方が良い改善率となっておりますので、一度、ご相談ください。

脊椎固定術後のDST治療後3か月(腰の痛み)効果

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧
分析結果報告に関する記事一覧