脊椎固定術を進められている80代女性の椎間板変性症の治療-DST法

80代 女性

問合せ内容

側弯症もあり腰と背中の強い痛みに苦しんでおり、他の病院では脊椎固定術を

勧められておりますが、リスクがあるので断りました。

他の治療法をWebで調べていたところ、日本で当院しかできないDST法による

治療を見つけ、最新の治療法で高齢でもリスクが少ないと知り、治療が可能か

具体的に説明を受けたいと考えております。

画像診断結果

主訴 

腰背部痛。

今年6月頃に自転車事故で腰部を打撲され症状増悪。固定術を指摘されたが断念。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S椎間板変性症と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

また、変形性腰椎症・側湾症も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり有効率は73-80%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 4箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧