脊柱管狭窄症の治療-DST法【22019年2月9日治療症例②】

70代 女性

問合せ内容

他院にて腰椎すべり症と診断。

画像診断結果

主訴
腰背部及び左鼠径部付近の疼痛が主体。
所見
L1圧迫骨折後であり、 L2/3 L3/4 L4/5 L5/S椎間板変性症と椎間板ヘルニア及びL4/5すべり症と上部腰椎間で脊柱管狭窄の併合も認めます。
椎間板治療としてはDSTが適応になりますが、有効率は腰痛に対しては80%、下肢の神経障害に対しては73ー75%前後と見込みます。

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症 腰椎すべり症

治療方法

DST 4箇所

患者様の声

皆様とても対応がよかったです。
本当にありがとうございました。
これからもアフターフォローの方をよろしくお願いします。

椎間板損傷画像