脊柱管狭窄症の治療-DST法【2020年2月14日治療症例③】

60代 男性

問合せ内容

2年前に脊柱管狭窄症にて外科手術を実施し、右足の痛みは改善しましたが、

新たに左足に痛みとしびれが発生し、治まらない状態が続いております。

歩行も100ⅿ程度しかできず、長時間立つ事も困難です。

外科手術は再度受けたくないので、当院での治療を希望しております

画像診断結果

主訴 

左坐骨神経領域の疼痛としびれ。1年半前より。

2年前にLCSに対して除圧術を施行されているが、その後右坐骨神経領域の疼痛は改善。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性と椎間板ヘルニアおよびLCSを認めます。

椎間板治療に関してはDST法が適応となるが、有効率は73-80%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 3箇所

患者様の声

スタッフ全ての方の対応が最高です!

ありがとうございました!

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら