脊柱管狭窄症の治療-DST法【2019年7月19日治療症例①】

70代 女性

問合せ内容

他院で脊柱管狭窄症と診断。4か月ほど薬を飲んでいるが効果ない。

腰が痛い。足がつま先までしびれ、痛み。冷えてしまって感覚がない。座っていると大丈夫。4点の杖を使っている。

画像診断結果

主訴

腰背部痛、両坐骨神経領域のしびれが主体。

所見

L1/2以下すべての椎間板変性とLCSの合併を認める。

DST適応であるが、有効率は7375%前後と考える。

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板変性症

治療方法

DST 5箇所 

患者様の声

・受付の方々の対応がとても良く、母の話も聞いてくださり大変ありがとうございました。

・先生の説明も解りやすく、やはりDST法しかないと納得できましたし、この病院を探せて

 治療が出来て本当に良かったと思います。



椎間板損傷画像