脊柱管狭窄症の治療-DST法【2019年6月25日治療症例①】

70代 女性

問合せ内容

4~5年前から病院で脊柱管狭窄症と診断されている。

歩くとだるくなる。間欠性跛行あり。左足の外側の痺れが強い。

画像診断結果

主訴

5年程前にLCSと診断されており、歩行時に倦怠感が出現し間欠性跛行の状態。

左下肢のしびれが強い状態。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性と椎間板ヘルニア及びLCSの合併を認める。

椎間板治療としてはDSTが適応であるが、有効率は73-75%前後と考える。

ただしILM等の体幹トレーニングも必要であえる。

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 4箇所 


椎間板損傷画像