脊柱管狭窄症の治療-DST法【2019年6月24日治療症例①】

70代 男性

問合せ内容

他院で脊柱管狭窄症と診断されている。

痺れあり。右足の感覚がない。

画像診断結果

主訴

他院でLCSと診断されており、両坐骨神経等疼痛としびれ、臀部の疼痛がある状態。

右下肢の感覚がないレベル。歩行時に増悪する。L4/5 人工椎間板術後。

所見

L3/4椎間板変性と椎間板ヘルニアを認める。

隣接椎間関節障害の可能性が高い。

DST適応であり、有効率は7375%前後と考える。

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 1箇所 

患者様の声

初めてのTEL対応の時からすぐく丁寧に応対していただき、検査、治療の際にも

わかりやすく説明していただき安心して治療を受ける事ができました。

本当にありがとうございました。


椎間板損傷画像