脊柱管狭窄症の治療-DST法【2019年6月13日治療症例②】

70代 男性

問合せ内容

数年前に脊柱管狭窄症と診断され、手術を進められましたが手術はしませんでした。

現在、歩行困難になり、歩くのがきつくなっているので治療を考えています。

画像診断結果

主訴

両坐骨神経領域の疼痛と大腿神経領域の鈍痛としびれ。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S高度椎間板変性と椎間板ヘルニア及び黄色靱帯肥厚を随所に認める。

L5腰椎は前方に大きく偏移しており高度すべり症を伴っています。

椎間板治療としてはDSTが適応になりますが、腰椎全体の変形が強い為、有効率は60%前後と考えます。

また、椎間間隙が狭い為穿刺が困難となる可能性もあります。

外科的手術も十分に検討される状態です。

主病名:椎間板ヘルニア 椎間板変性症 腰椎すべり症

治療方法

DST 5箇所 

椎間板損傷画像