脊柱管狭窄症の治療-DST法【2019年5月24日治療症例⑤】

70代 男性

問合せ内容

2~3年前から両足の痺れあり、腰部脊柱管狭窄症の診断を受けている。

2~3か月前から症状強くなり、間欠跛行の症状ありほぼ歩く事が困難。

痛み止めの薬のみ服用中。

画像診断結果

主訴

両坐骨神経領域の疼痛としびれ。数ヶ月前に急性増悪され歩行困難となる。

現在車椅子の状態。

所見

MMT Rt3- Lt3- SLR Rt 60  Lt60 感覚障害を併発している。

MRI上 L3/4 L4/5 L5/S椎間板高度変性と椎間板ヘルニア、 L4前方滑り、黄色靱帯肥厚を認め脊柱管および椎間孔狭窄を認める。

保存的治療はすでにされているが効果不十分な状態であり、外科的手術も拒否されている状態。

椎間板治療及びILM12回トレーニングを行い、症状の改善を図る事で症状の改善が見込まれると考える。

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症 腰椎すべり症

治療方法

DST 3箇所 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧