脊柱管狭窄症の治療-DST法【2019年4月25日治療症例①】

60代 男性

問合せ内容

5年以上前から腰痛有り。5分立ったままでいると、腰痛が出てくる。座骨神経痛あり、右臀部から足首にかけて特に痛みと痺れあり。
今までは痛みがひどい時にブロック注射を施行し様子を見ていた。

画像診断結果

主訴
数年前より腰背部痛および右坐骨神経領域の鈍痛。
所見
L4/5 L5/S椎間板変性と脱出型ヘルニアを認める。LCSの合併もあり不安定腰椎症も併発している可能性が高い。
DST適応であり、有効率は73-80%前後と考える。

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 2箇所

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧