脊柱管狭窄症の治療-DST法【2019年4月12日治療症例⑤】

60代 男性

問合せ内容

2年程前に他院で椎間板ヘルニアの内視鏡手術を受けた。
再発したようで朝、起きてからが辛い。左膝に力が入らない。

画像診断結果

主訴
1-2ヶ月前より腰背部の鈍痛と下肢のシビレを自覚。MED歴あり。
所見
L3/4  L4/5椎間板変性と椎間板ヘルニア及びLCSの合併を認める。
DST適応ではあるがILM(トレーニング)も必要であると考えます。

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 2箇所

椎間板損傷画像