脊柱管狭窄症の治療-DST法【2019年2月7日治療症例③】

60代 男性

問合せ内容

他院にて脊柱管狭窄症と診断。手術も相談している。
現在、痛み止めで対応している。特に右側に痛みが強い。

画像診断結果

主訴
他院にてLCSの診断があり、外科的手術も検討されている。
右下肢の症状が強い状態。大腿神経領域の疼痛としびれ、間欠性跛行を認める。
所見
L1/2  L2/3  L3/4 L4/5  L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアを認める。
椎間板治療としてはDSTであるが、有効率は腰痛に対しては80%、下肢の神経障害に対しては73-75%と考える。

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 5箇所

患者様の声

すべて良好であり、ありがとうございました。
ただし、手術台がぐらんと揺れて少し不安となりました。
余談ですが、もう少し診療費がお安くなればもっといいですね。
健康保険が適用になれば、もっといいですね。
たくさんの人が助かると思います。

椎間板損傷画像