脊柱管狭窄症の治療-DST法【2019年11月7日治療症例③】

60代 男性

問合せ内容

10年以上前から足裏にとげがあるような、常に小石を踏んでいるような違和感を

感じております。歩行は可能だが最近は足の甲にも症状が出始めている。

長時間歩行すると股関節から足先にかけて痛みが出て、休まないといけない。

鍼治療をしても痛み止めを服用しても全く症状が改善しません。

画像診断結果

主訴 

両足底部の感覚障害。間欠性跛行も伴い下肢の疼痛も伴っている。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性と椎間板ヘルニア及びLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となるが、有効率は6880%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 4箇所

椎間板損傷画像