外科的手術後に再発した60代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

60代 女性 

問合せ内容

昨年3月LOVE法を他院にて手術。ヘルニアが再発。
L1/2に11月から痛みを感じ、腰の痛みと両足の付け根から痛み痺れあり。

画像診断結果

主訴
  2度の手術歴ありFBSSの状態。 固定術後で現在は、ヘルニア術後再発の状態であり腰部から下肢のかけての疼痛とシビレがある。

所見
  L2/3 L3/4 L4/5椎間板変性を認める。
DST適応あり有効率は73-75%前後と推定する。

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 3箇所

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧