脊柱管狭窄症の治療-DST法【2019年1月12日治療症例③】

60代 女性 

問合せ内容

他院で椎間板ヘルニアと診断された。手術予定だが入院は避けたい。
右足の痛み・痺れあり。座ると大丈夫。朝起きて動き出すときに足が痛く、動き始めに痺れあり。立っていると腰がだるい。

画像診断結果

椎間板ヘルニアを指摘されており手術予定であるが希望されておらず、現在は下肢の神経障害と腰痛が持続している状態。
その他、腰背部の鈍痛、右大腿部のしびれ。
Th12/L1 L1/2 L2/3 L3/4 L4/5椎間板変性とヘルニア LCSの合併も認める。
DST適応ではあるが有効率は73-80%前後と推定する。

診断結果

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 4箇所

椎間板損傷画像