• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 外科手術のリスクが高いと診断された70代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

外科手術のリスクが高いと診断された70代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

70代 男性

問合せ内容

他院にて腰部および頚椎の脊柱管狭窄症との診断。
症状は脚に痛みがあり自力歩行が困難(つかまり歩き程度は可能)
他病院で治療を検討したが、背中および腰を切開して手術する必要があるが、他の病気(心疾患など)があり、
手術するのはリスクが高く勧められないとのことでした。

画像診断結果

急性腰痛発作を繰り返している状態間欠性跛行がある状態。現在は歩行が困難な状態となっている。
L3/4 L4/5 L5/S椎間板変性とヘルニア L5/Sは高度椎間板変性を認める。LCSの合併を認める。
DSTの適応であるが有効率は73-75%前後、L2/3以下 4カ所の造影と最大4カ所のDST 有効率は腰痛80%
下肢の脱力 しびれ疼痛に対しては73-75%前後と推定する。

診断結果

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 4箇所

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧
治療症例に関する記事一覧