脊柱管狭窄症の治療-DST法【本日の治療症例③】

80代 男性

問合せ内容

脊柱管狭窄症。
痛みはないが間欠跛行あり、時々足の外側に痺れあり、足が前に出なく歩行困難なときもある。
以前にヘルニアと診断されレーザー手術も受けている。

画像診断結果

椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を指摘されている。
臀部の鈍痛しびれと足底部のしびれを自覚されている。
L2/3 L3/4 L4/5 椎間板高度変性とヘルニア・LCSを認める。
DST適応4カ所の造影 有効率は80-73%とICした。

診断結果

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板高度変性症

治療方法

DST 4箇所

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧
治療症例に関する記事一覧