保存的治療で改善に至らなかった60代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

60代 男性 中国籍

問合せ内容

10数年前から症状が出始めました。短距離を歩いただけで左側坐骨神経痛、左足のふくらはぎから脚までしびれを感じます。
動きだしたり、歩いたりすると左側坐骨神経痛が出現。今年に入ってから右側も坐骨神経痛を感じ始めて、右脚の小指にしびれを感じるようになりました。
中国で様々な保存治療をしましたが、効果がありませんでした。
外科的手術を勧められ、手術が怖くて、悩んでいました。
その時、インターネットで調べたらILC国際腰痛クリニックの日帰り治療を見つけ、治療が適応かどうかを知ったうえで来日したほうがいいと勧められ、来日する前に無料画像相談を依頼しました。

画像診断結果

腰椎全般の椎間板変性とヘルニアを認めますが。主病変はL4前方滑り症および黄靱帯肥厚による脊柱管狭窄症と考えます。
椎間板治療としてはDSTが適応になります。有効率は73%前後となります。

診断結果

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症 腰椎前方すべり症

治療方法

DST 3箇所

患者様の声

来院してMRI、レントゲン検査後、先生に診察して頂き、腰椎の構造、現在の症状の原因、それに対する治療法などについて時間をかけて詳しく説明してくれました。とても分かりやすくて、治療に対して安心しました。
このように先生が患者様に詳細をしっかり説明することは中国でほとんどあり得ない話です。
手術室に入ると少し緊張しましたが、先生と看護師たちが声をかけてくれて、治療中でも先生がずっと「大丈夫ですか」「痛くないですか」と聞いてくれて、針を刺す時ほとんど痛みを感じませんでした。
造影後、3か所損傷していることが分かって、そのままDSTの薬剤を椎間板内に注射してもらいました。
治療は思ったより早くて、あっという間に終わった感じです。
クリニックの中国語通訳の方がずっと一緒にいてくれたので安心でした。
治療後、部屋に戻って1時間後、先生がもう一回治療時の画像、治療前後の比較を説明してくれました。こんなに丁寧な先生と出会ってとても感謝しています。
またクリニックの院長監修のILM腰痛メディカルフィットネスで、椎間板以外、体のどこが悪いかを評価して、それを中心にトレーニングすることで、治療後も続けてより早く回復でき、今後の再発の防止もできると教えてくれました。
明後日帰国して、病院の理学療法士から教えてもらったトレーニング方法を続けて、治療効果を楽しみにしています。

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧
治療症例に関する記事一覧