歩行困難で悩む80代男性の椎間板ヘルニアの治療-PODD法

70代 男性

問合せ内容

常に強い腰の痛みと両足に痛み・しびれがあり、5年前には椎間板ヘルニアと

診断されましたが、手術するまでも無いと言われ様子をみていましたが、全く

症状は改善されず、最近になり以前にも増して腰痛が強くなってきております。

また、両足に痛み・しびれも出るようになり、歩行の際はバランスを崩し転倒

する事もある為、歩行器や伝い歩きをしないと非常に困難な状況です。

外科的手術は身体への負担やリスクも大きいので、可能なら当院での治療も

検討しております。

画像診断結果

主訴 

腰痛が主体。

5年前に椎間板ヘルニアと診断されており、歩行時は歩行器の使用や伝い歩きの状態。

所見

L1/2 L2/3 L3/4 L4/5椎間板変性症と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはPODD法が適応となります。

病名:椎間板ヘルニア

PODD法 3箇所

治療中の画像

PODD法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧