椎間板変性症の治療-PLDD法【2019年8月23日治療症例③】

40代 男性

問合せ内容

10年前に椎間板ヘルニアと診断。

ここ数年、1年に数回程度は急性腰痛にて歩行できなくなる。

画像診断結果

主訴

急性腰痛発作を繰り返している状態

所見 

L4/5 L5/S 椎間板変性と椎間板ヘルニア及び終板炎を認める。

PLDD適応となるが、有効率は78%前後と考える。

主病名:椎間板変性症

治療方法

PLDD 2箇所

PLDD法について詳しくはこちら

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ilclinic/il-clinic.com/public_html/wp02/wp-content/themes/ilc/single-blog.php on line 64