椎間板変性症の治療-DST法【2020年2月6日治療症例①】

50代 男性

問合せ内容

26年前に椎間板ヘルニアと診断され、今までは保存療法などにて何とか過ごして

きておりましたが、最近になり右腰の痛み・両足の膝裏や指先のしびれが常に発生

するようになり、特にゴルフ後には動けなくなるほどの状態になります。

画像診断結果

主訴 

腰背部痛。19歳で発症。以後ゴルフをされると翌日に症状が増悪。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S椎間板変性と椎間板ヘルニアを認めます。

椎間板治療に関してはDST法が適応となるが、有効率は73-80%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 4箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧