椎間板変性症の治療-DST法【2020年2月27日治療症例①】

50代 女性

問合せ内容

20196月に腰椎すべり症・脊柱管狭窄症と診断され、現在まで保存的治療で

過ごしてきておりましたが、症状改善が無い状態です。

腰全体の痛みと両太もも裏に激しい痛み・両足の冷感や感覚の鈍さが続いており

外科的手術しか対策が無いと言われておりますが、手術は避けたく当院での治療

を検討しております。

画像診断結果

主訴 

臀部痛および両足底部のしびれと冷感。大腿前面の疼痛。

LCSの診断ならびに外科的手術の適応診断あり。

所見

L4/5 L5/S 椎間板変性と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併も認めます。

また、腰椎すべり症も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は73-80%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 2箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧