椎間板変性症の治療-DST法【2020年2月14日治療症例②】

30代 男性

問合せ内容

10年前に椎間板ヘルニアにて内視鏡手術をしましたが、手術後34年で右足の痛みが再発し

昨年頃より痛みが更に大きくなっております。酷い時は立つ事もできない状態です。

外科的手術は難しいと言われており、当院で治療可能であれば是非お願いしたいと

考えております。

画像診断結果

主訴 

右坐骨神経領域の疼痛としびれ。10年前に椎間板ヘルニアに対してMED施行。

以後、再発している状態。

所見

L4/5椎間板変性と椎間板ヘルニアを認めます。

椎間板治療に関してはDST法が適応となるが、有効率は73-80%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 1箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら