椎間板変性症の治療-DST法【2020年1月10日治療症例④】

80代 女性

問合せ内容

14年前に椎間板ヘルニアにて外科的手術(L4/5L5/S・固定術)をしております。

治療後は調子が良かったのですが、昨年頃より左臀部から左下肢にかけて疼痛が出る

ようになり、力も入りにくく、更に症状も悪化してきており、非常に辛い状態です。

画像診断結果

主訴 

左坐骨神経領域の疼痛。2か月前より。14年前に固定術を施行されている。

所見

L2/3 L3/4 L5/S椎間板変性と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

L4/5固定術後。

椎間板治療としてはDST法が適応となります。

病名:椎間板変性症

DST法 3箇所

治療中の画像